Designing a future of well-being for individuals, companies, customers, society and the world through branding, innovation and marketing.

ウェルビーイング・センタード・デザインで、

個人、会社、顧客、社会、世界のウェルビーイングな未来をデザインする。

About us

デザイン事務所Cauz(コーズ)は、ブランディングを中心にすえながら、グラフィック、ウェブ、映像、プロダクト、サービスから社会問題解決策まで幅広くデザインしています。

名前の由来になっている英単語、Cause(コーズ)は、”Because”という耳馴染みのある単語の中にも含まれていて、「理由」を意味しています。『デザインの奥にある「理由」からデザインする』というコンセプトのもと、2011年に芝哲也が立ち上げました。

デザインには「理由」があります。そのまだカタチになる前の「理由」の部分までしっかりとデザインすることによって、自然でしなやかなカタチ=デザインが導き出されると信じて活動しています。

芝哲也 Tetsuya SHIBA

一般社団法人クリエイティブ思考協会 共同代表理事 / クリエイティブ・サイエンティスト、デザイン事務所Cauz(コーズ)代表。

武蔵野大学アントレプレナーシップ学部教授。慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科修士課程修了。

バンクーバーフィルムスクール デジタルデザイン学科卒業後、カナダの大手ブランディングカンパニー Blast Radius(ブラストレディアス)に勤務。帰国後はデザイン事務所NOSIGNERに加入し、サイエンスコミュニケーションや災害支援など、社会課題解決プロジェクトに参加する。2011年デザイン事務所Cauzを設立。広義のデザインの枠を超えて、街づくり、中小企業の支援、起業家支援、社会課題解決などへのデザインの適応を得意とする。現在、クリエイティブ思考思考協会では、創造性、イノベーション・ブランディングの研究、協創研修に従事。龍志拳友會中国拳法連盟特別顧問/酔拳師。著書に『「アイデアが出なくてもう無理!」と思ったら読む本ニューロン発想法』(明日香出版社刊)『創造的思考のレッスン新しい時代を生き抜くビジネス創造力』(産業能率大学出版部)がある。